引越しで役立つ梱包術

引越しは何から何まで全て業者が包んで運んでくれるかというとそういうわけではありません。特に食器や衣類、本やその他小物などは自分であるいは業者に用意してもらったダンボールに自力で取捨選択して梱包していく必要があります。ただ、引越しや梱包の経験が無い方だと意外にコツのいる作業なので捗らない場合があります。


安全性のコツは隙間を作らない事

梱包において最も重要なのは箱の中に隙間を作らない事です。特に割れ物の梱包では例えダンボールが外的衝撃を吸収してくれたとしても、中で食器同士がぶつかり欠けたり割れたりする事があります。また中身に隙間があると箱の中で重心が移動する事で箱を運び出す際にも苦労する事になります。なるべく小さなダンボールを選ぶ事で隙間は楽に埋められる他、隙間に衣類を詰める事で限りなく箱のスペースを減らす事が可能です。


引越し梱包は中身を明確に

また引越しでは余程荷物が少ない人でない限り、全ての荷物を一日で開梱するのは不可能でしょう。ただ、開梱の際にどの箱に何がはいっているのかわからないと必要なものをすぐに取り出す事ができない、このようなケースはよく見られます。その為箱の中身は業者向けとは別に自分でもなるべく詳細に中身がわかるリストを作る、印をつける等の対策を取るとよいでしょう。もちろん割れ物注意や積み重ね厳禁、天地無用といった内容は必ず箱に示して置く必要があります。