引越しにまつわるトラブル

引越しは未だほとんどが人の手によって行なわれている現在社会全体においても非常にアナログ要素の強いサービスです。ただ当然引っ越しを請け負う業者の方もプロとはいえ人間なので、万が一という事もあります。そういった局面に対応する為に引っ越しには運び出す荷物や建造物などに対して保険が伴いますし、これらの保障面でも優れた会社を選ぶ事が重要になってきます。


引越しにおける荷物トラブル

引越しで最も多いのが運び出す荷物に関するトラブルです。中でも最も典型的なのは食器などの割れ物が破損してしまうといったケースです。転居の際に壊れてしまったものの保障範囲は引越し業者によって異なりますが、不毛な争いを避けるためにも絶対に割れては困る高価な食器は自分の手で運ぶ、割れ物という表記をきちんと梱包の際にする等を心がけましょう。また通帳や印鑑などの貴重品も紛失しては大変なので自分の手で移動するようにしましょう。まだ積み忘れや届け忘れによる紛失なら引越し業者もある程度対応が可能ですが、手違いで全く違う場所に運ばれていた場合はフォローに時間がかかる事もあるそうです。


建造物に関するトラブル

また家具や家電など大型の荷物を運び出す際にありがちなのは建造物の破損や損傷です。特に借家の場合などには出ていく際に部屋が損傷している場合などに修理代を請求される事があります。引越し業者も部屋を損傷して黙っているという事はまず無いとは思いますが念のため作業の前には部屋の状態を確認しておくようにしましょう。