楽器が趣味である方におすすめの引越し先検索法

楽器を演奏することが好きで小さい頃から習っているという方もいれば学生になってから友人たちと一緒に好きなアーティストの音楽を演奏しだしたという方もいます。いくつになっても始めることが出来いくつになっても続けることが出来る音楽はとても大きな魅力を持っています。

そんな自分にとって大事な趣味を引越し先で断念することにならないよう、新居でも音楽を続けるために必要なことについてお話致します。


どんな楽器かによって対応も変わる

楽器とひとことで言ってもとても様々な種類があり音の大小も色々です。管楽器は高い音が響くため建物の中でとくに響きますし、ピアノやアンプを用いるギター・ベースなどの弦楽器も重低音やペダル音なども同じ階や下の階に響きます。そこでどんな楽器を自分が演奏しているのかで引越し先を選択する必要があります。楽器演奏が不可であるというアパートではなく楽器応相談というところを選び大家の方や不動産会社の方にしっかり相談するようにしましょう。
家賃として出せるお金に余裕がある方は楽器演奏専門の賃貸を利用するのもおすすめです。相場は10万円台と少し高めですが基本的に弦楽器系統は演奏可能とされています。演奏して良い時間も朝8時から夜の11までとかなり長いため日常的に練習がしたい方に多く利用されています。

お金に余裕がないという方でも最寄りの駅にこだわりがないという方は音大が近くにある賃貸を引越し先として検索してみることをおすすめします。音楽系の学科がある大学や専門学校が近くにある場合は楽器を演奏する学生の利用に合わせて楽器演奏可能としているところが特に多くあります。安いアパートでも皆楽器を演奏するとあって楽器の騒音は黙認となっているところもあり、高い家賃を支払わなくても楽器を演奏出来る引越し先を見つけることが可能です。


引越し先周辺のスタジオを利用する

楽器の演奏がしたくても自分が住みたい引越し先では楽器不可となっているという方は自分の駅周辺や沿線周辺でスタジオを借りて練習するようにしましょう。スタジオなら楽器可のアパートでも演奏出来ない管楽器系を練習出来るところがあるためとてもおすすめです。または個人で音楽教室を持っている方のところで月謝を納めつつ練習をさせて頂くという方法もあります。大手の音楽教室では多くの生徒を抱えているため練習するための部屋も予約制や料金制となり自分が練習したい時に利用出来ないという場合がありますが、個人の音楽教室は先生の持家で行っている場合が多いため先生が了承してくれる方であればスタジオ代より安く練習をする場所を得ることが出来ます。

なるべくなら自分の住まいで気兼ねなく練習したいものですが賃貸となるとその可能性もお金と共に比例するため、引越し先の家賃をなるべく安くしたいという方は別の方法で練習の場を作るよう工夫しましょう。